とある病気をしてから。

私は中学のときに、腎臓の病気で入院したことがあります。 学校の尿検査で何度も引っ掛かって、大きな病院で検査を受けなさいと言われ、受けた結果、急性ネフローゼ症候群というものでした。

病名も初めて聞いたし、難病指定の病気だと聞いて、信じられませんでした。 どうして私がとまでは思いませんでしたが、何が悪かったのだろうかとは思いました。

しかし、初期ということで安心しました。 薬はたくさん飲まなければいけませんでしたが、そこは我慢しました。 まさか、1日に36錠の薬を飲むことになるとは思いませんでしたが、頑張って飲みました。

難病だからといっても大変な処置があるわけではなく、毎日薬を飲んで、毎日検尿をして、 たまに採血をしてというだけだったので、かなり楽なほうだったと思います。 同じ病気でもそこそこ病状が進んでいる小さな子は、かなり大変そうでした。

どうやら、再発を繰り返している子らしかったのですが、 この病気は再発を繰り返していると、薬が内臓を悪くしてしまうのだそうです。 腎臓を治すための薬なのになと思ってしまいました。

私は幸い、再発をしなかったのでそういう大変な思いはしませんでしたが、 その子のことを聞いたり、苦労している様子を見て、再発は絶対にしないぞと決意しました。

担当医の先生によると、自己管理が大切とのことだったので、 退院してからも毎日尿検査をしたり、病気の原因となった虫に気をつけたり、 色々大変ですが、再発するよりはずっとマシなはずなので、これからも頑張ります。